トレンドアフィリ教材下克上、PRIDEはアドセンスで稼ぐブログのために必要か?

640IMG_6357-01

最近、トレンドアフィリエイト教材について質問が来ていますので、私なりの考えをお伝えしておきます。



トレンドアフィリエイトというキーワードをビジネス系で定着させた教材は「下克上」という教材です。

 

下克上人気の秘密

「下克上」という教材のノウハウが ネット初心者でも短期間でアドセンスによって 収入が得られることを実証し、多くの方が それを実践しています。

「下克上」が教えている手法が、非常に簡単だったことも人気が出た要因でしょう。

多くのユーザーが検索するであろう
キーワードを見つけて、それを元に記事を書くわけです。

結果、自分のサイトがGoogleの検索上位に表示されて
アクセスがアップし、アドセンス広告のクリック数が上がるというものです。

 

ご自身も経験あると思いますが、検索も1単語だけではなく、 複合で検索することもありますよね。

例えば芸能人なら
「米倉涼子 彼氏」「米倉涼子 ブログ」「米倉涼子 ドラマ」など

「下克上」ではそういったトレンドな話題の複合キーワードで Google検索で上位表示されそうな最適なキーワードの探し方と 記事の書き方を教えてくれます。

 

やり方学べて短時間で出来る、短時間の積み重ねで報酬が生まれる 「下克上」人気の理由はそこにあります。

 

PRIDE人気の秘密

もう一つの人気教材に「PRIDE」があります。 「下克上」の後にリリースされたので、同じ内容では人気が出ません。

「PRIDE」人気の秘密は、「下克上」の欠点を補っている部分になります。

先ほど書きましたように「下克上」の教えは 話題のキーワードでの記事の書き方、キーワードの選び方です。

ショートレンジと呼ばれるもので、 話題になった瞬間の検索数は爆発力があります。

「●● 離婚」「●● 結婚」など報道されたら、 当然、その瞬間、検索しますよね。

「下克上」はその瞬間のアクセスを狙うものになります。

 

欠点、デメリットは短命だということです。

セミのような短さです。

ニュースのトレンドは毎日変わりますから、アクセス数も減ってしまいます。

 

「PRIDE」はその欠点を補った別の切口でのキーワードを 教えてくれます。

短命ではなく、長寿なキーワード、ロングレンジキーワードの ノウハウです。

例えば「織田信長」、「豊臣秀吉」、「徳川家康」
常にどこかで話題になる歴史上の偉人などは 同じ一定数で毎日誰かが検索しています。

流行り廃りもないわけです。 学校の教科書に出てくるような重要キーワードなら誰かしら検索します。

 

「下克上」に比べて爆発力はないモノの、 どの記事も短命ではなく、長寿なので、 記事を書けば書くほどにアクセスアップになります。

 

Oneday Article Affiliateの魅力

「下克上」のショートレンジ
「PRIDE」のロングレンジ

この二つ揃えればキーワードの選定に困ることはないはずです。

しかし、両方購入では金額も膨らみます。 合せて3万円以上です。

しかも両教材共にGoogle検索エンジン上位を 目指す手法です。

 

Google検索エンジンのアップデートや 手動ペナルティによって同じようなブログが 最近では表示されなくなってます。

表示されなくなったら、報酬が激減します。

そういった状況を踏まえ、「下克上」の 良さを活かし、さらにGoogleだけに頼らず 短期間で報酬を得る仕組みも教えてくれる 教材もリリースされました。

「One day Article Affiliate」です。

 

「下克上」、「PRIDE」の後にリリースされたわけですから この両方の教材の欠点を補う部分にメスを入れています。

「下克上」、「PRIDE」以上の教材を作らないと 評価もされませんし、売れないですからね。

 

「One day Article Affiliate」の強みは何か?

ズバリ言って、Google検索エンジンの最新アップデートでも 上位表示されるブログの作り方とSNSツイッターを使っての集客部分になります。

 

「下克上」「PRIDE」人気はいまだに衰えませんが、 個人的には「One day Article Affiliate」をおススメします。

「下克上」以上に記事の書き方、キーワード選定方法も
今のトレンドにあわせて簡潔に初心者でも実践しやすい内容で解説しています。

また「PRIDE」のロングレンジキーワードも上手く最新トレンドキーワードと併せて活用するキーワード選定も説明しています。

稼げる再現性もあり、好感が持てます。

 

しかも、値段が「下克上」「PRIDE」よりも安いです。

 

なぜ「下克上」、「PRIDE」のほうが未だに人気あり、注目されるのか?

アフィリエイトは報酬額勝負です。

安いより高い方が報酬がいいわけですから、 同じ似たような教材なら、 どうしても報酬の高い「下克上」、「PRIDE」を 選び、紹介してしまう傾向になります。

いくら内容が優れても、それが本当かどうか 検証するには、教材を購入しなきゃ分からないです。

それなら紹介せずに「下克上」、「PRIDE」を紹介するのは 仕方のないことかもしれません。

 

しかもショートレンジに慣れてきたら、 次は「PRIDE」でロングレンジキーワード使って 資産型のブログも作りましょうとアピールすれば、

合計33,600円でアフィリエイト報酬が 50%だったら16,800円です。

 

一方「One day Article Affiliate」は、13,800円
報酬50%なら6,900円です。

 

「下克上」「PRIDE」よりも安く手に入れられ、 両方のノウハウ+ツイッターからのアクセスも上げられるわけですから値段も含めてノウハウ内容なら、 「One Day Article Affiliate」です。

 

「下克上」がいまだに人気があるのは、 先駆者で人気があるから右に倣えと言う法則に 高額報酬という要因があるから誰もが紹介しているわけです。

「PRIDE」の人気も報酬だけでなく、 「下克上」にはないロングレンジ戦略で 「下克上」との違いを明確に打ち出せるから こちらもヒットし、いまだに人気があるわけです。

 

しかもどちらも稼げないというわけではありません。 むしろトレンドアフィリエイトなので稼げる商材です。 わかりやすい解説、実践向きで、素直に実践すれば稼げます。

 

しかし、ショートレンジをメインにしたブログ構築は、 爆発力はあるものの、短命です。

しかも、「下克上」人気によってライバルも多いです。 可能な限り短時間作業で記事を書くなら、 どうしても同じような記事になってしまいます。

ショートレンジキーワードを使った記事を書くには、 そういったライバルたちをごぼう抜きにできるくらいの記事の書き方を学ばないとなかなか報酬アップは出来ません。短命ゆえに毎日記事を書き続ける労働生産型です。

 

ロングレンジのキーワードも「PRIDE」のヒットで 誰もが思いつくような「ひな祭り」、「卒業」など 季節のキーワードで上位表示されるのは難しいです。

さらに「PRIDE」の教材だけでは、ロングレンジのアクセス上がるキーワード探すのはある程度のキーワードリサーチ経験がないと難しいです。

付属のツールを使っても購入者誰もが使っているので ライバルは多いです。

 

短時間で出来て、且つ ロングレンジキーワード攻略 、ショートレンジキーワード攻略 、Google検索上位攻略 、ツイッター攻略 「One Day Article Affiliate」なら大丈夫なのか?

「下克上」と「PRRIDE」の良さをミックスさせ 且つ 「下克上」、「PRIDE」のキーワード選定を 独自のやり方でまとめ上げています。

作成者の猪熊さんが、「下克上」、「PRIDE」両方の商材も 実践しているだけでなく、独自に工夫し、効率化アップして 研究、検証したうえで作成しているのが「One Day Article Affiliate」です。

 

しかも「下克上」、「PRIDE」のようなヒット商品でもなく、こっそり売られています。 たとえどんなに優れた商材でも報酬額が 「下克上」、「PRIDE」より少ないですから、 今後も紹介される数は増えないでしょう。

ということは「One Day Article Affiliate」を学べば、 ライバルがいない市場で、アクセスあるキーワードを 狙い撃ちできる可能性はあるのか?

確かに「One Day Article Affiliate」を購入すれば短期間で学べ、効果が出ます。

それでも1万円以上します。

 

再現性は高いと言っても、トレンドアフィリエイトは、1ブログで10万円稼ぐのが限界です。

恐ろしいくらいに夢中になって努力すればそれ以上は可能です。何十万と稼げている方は、トレンドキーワードを寝る間も惜しまずに探して何度も何度も検証、実践を繰り返しています。

何十万という金額を稼ぐには、10万円以上のブログを複数作成し続けるか、徹底的にキーワード選定スキルを養いながら、記事を繰り返し書き続けることが必要になります。

 

トレンドアフィリエイトはやらない方がいいのか?

いえ違います。

トレンドアフィリエイトは月10万円が限界ですが、インターネットでビジネスしていく初めての方がインターネットビジネスを学ぶには最適です。

アフィリエイトはコストがかからず在庫負担もないので参入障壁が低いですが、成果報酬型は、マーケティング戦略練って、構築して、実践しないとなかなか稼げません。

 

クリック報酬型は、マーケティング戦略練って、構築して実践は必要ですが、極端な話、記事内容よりキーワード選定のみ重視し、アクセスさえ集めれば、クリックされますので報酬が発生します。

 

サイトテーマや記事作成のやり方をマーケティング戦略にそってやらなければ月数百円にしかなりませんが、間違いなく報酬が発生します。

 

マーケティング戦略に沿って記事作成についても行えば金額も月額10万円までなら成果報酬型より早くたどり着けます。しかも報酬が少しづつ増えながらマーケティング戦略学びながら実践すれば、次の段階に行くビジネススキルも身に付いてきます。

 

本気で誰にも負けないトレンドサイトをいくつか作る覚悟があるなら「One Day Article Affiliate」の販売者である猪俣さんは、トレンドアフィリエイト実践者ですので、猪俣さんのサポートやアドバイス受けるために購入することはよいと思います。

「下克上」「PRIDE」のサポートは私の経験でも親身になってくれませんでしたし、的確な回答すら得ることできませんでしたが、猪俣さんは親切にアドバイスをくれました。

 

後発の強み「毎月10万円を稼ぐ為のトレンドブログアフィリエイト」

「One Day Article Affiliate」よりもさらにシンプルに初心者でも迷うことなく取り組めるトレンドアフィリエイト教材がリリースされています。

 

「毎月10万円を稼ぐ為のトレンドブログアフィリエイト」

 

最近の情報商材系レターのような金額をおおげさな数字にして注目させることなく、現実的な月10万円突破を目指す教材です。

 

「下克上」のショートレンジによる短命を補い、「Pride」の上位表示するにはやや難解なロングレンジ戦略と比べても、この方法なら取り組みやすく、上位表示もアクセス増も可能というシンプルな道筋を提示してくれています。

 

作成者の田島さん自身がトレンドアフィリエイト実践者だからこそ気が付いた方法なので再現性も高いです。

ほとんどの解説がトレンドアフィリエイトの肝であるキーワード選定に費やしていることも稼ぐ道を速めてくれます。

 

多くの人が被リンクやサイトの構造などのSEOばかり気にして、肝心の記事やキーワードリサーチを怠るがゆえに稼ぐ道は遠のきます。

その点、田島さんはきっぱりと「この講座でマスターすべきは、そのトレンドキーワードの狙い方とそのキーワードをマッチさせる記事の書き方の2つ。」と宣言しています。

 

今のグーグル検索エンジンは、さらに内部コンテンツを重視しています。それはお客さんの期待に応えるサイトかどうか、訪問したユーザーにとって役に立つサイトかどうかをグーグルも判断しますので、当然中身が伴わないサイトは長期的に上位表示はできなくなっています。

上位表示するためのキーワードを見つける場所、選ぶべきキーワードも、迷うことなく見つけられます。
競合がいて表示されないのではないかという不安も解消できます。

 

ここまでシンプルなステップでトレンドアフィリエイト戦略をまとめているのは、「毎月10万円を稼ぐ為のトレンドブログアフィリエイト」の他にありません。

シンプルすぎて、ツイッターや他のSNSからの集客、内部コンテンツ重視のSEO対策について触れられていないのが残念ですが、まずは、最も大事なキーワード選定とそのキーワードについての記事の書き方をマスターすることこそ、最も最速で成果あげる方法ですから、その点にのみ集中は初心者にとっては重要です。

 

ここをマスターすれば物販アフィリエイトやさらにその先のビジネスにも役に立つものなので、まずは月10万円稼ぐなら、サイト量産もせず、SEO対策も後でいい、やるのは一つのサイトのみと謳っている「毎月10万円を稼ぐ為のトレンドブログアフィリエイト」から取り組むのもありです。

 

しかも「One Day Article Affiliate」よりも1,000円安い12,800円です。

ところがあまりにもシンプル過ぎて1日に数記事アップは正直できないのが現実です。

それに対してマニュアルの中身はほぼ同じ「One Day Article Affiliate」は、1日1記事でのマニュアルになっています。その差は何かですが、レターに書いてある通りライティングスキルに少し重点を置いている点にあります。

トレンドブログといえどもライティングスキルはオリジナリティを出す上でも必要です。

短時間で記事を書くことも可能ですが、記事をおろそかにしては、価値の無いコンテンツとグーグルに評価され、ペナルティになります。

90%のトレンドブログが収益化出来ずに沈み、また収益化されたらペナりティで沈んでいます。

その理由は読者に伝えられる記事になっていないからです。

そこを重視してしっかり記事を書いていくなら1日1記事コツコツです。ましてや普段勤務していたり、家事していたら時間がありませんから、1日1記事しか書ける時間がないケースが殆んどでしょう。

1日1記事しか書けないからこそ検索エンジンだけでなくSNSからもアクセス呼び込めるように「One Day Article Affiliate」には、ツイッターマニュアルも付いています。


そういった差も踏まえて、はじめてネットビジネスに取り組むなら、1日1記事しっかり書いていく「One Day Article Affiliate」の方が取り組みやすいです。

サポートもきちんと付いて、親身になってくれますから相談もしやすいですし、返金保証もありますので、安心して取り組めることも保証できます。

 

また、私の方で稼ぎを加速させることができるように、「未来型トレンドマーケティング戦略プログラム」を提供しています。

特に時間がない、休日しか記事書けない、隙間時間なら書いて挑戦したいという方でも、ネットで稼ぐことが体感できるプログラムになっていますので、合わせてご検討いただければ幸いです。

「未来型トレンドマーケティング戦略プログラム」

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

フラクタル02

資産化してネットビジネス、アフィリエイトで稼いでいくためのツール活用とは?

最近は、コンサル生だけでなく、受講生からも資産化ブログについて質問が増えてきました。 個人的には非常にうれしい兆候ですので、今回改めて…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る