WordPressレスポンシブWEB対応テーマの魅力 WordPress使い方入門17

TCD16-640

WordPressは、独自ドメイン取得、レンタルサーバー設置が必要ですが
WordPressを使うことで、HTML知識なくても
独自のサイトすら構築できる便利なソフトウェアです。



独自サイト作るには、依頼すれば100万円以上かかります。

それと同等、もしくはそれ以上のサイトをHTML知識も必要なく、
美しいデザインで数万円で作れてしまうのがWordPressです。

WordPress入門はこちらです
WordPress入門編




しかも、無料ブログと違って、圧倒的にGoogle検索エンジンに強いです。

理由は簡単で、独自ドメインだからです。

Googleが認めているソフトウェアですから、
デザイナーに依頼して作った高額のサイトよりも
場合によっては上位評価されます。

マーケティング学んでいないWEBデザイナーの作るサイトは、
デザイン重視でユーザビリティ考えていませんから、
どんなにかっこいいサイトでも使いにくかったり
SEO対策出来ていないのでアクセス数すら上がらないです。

自分に合わせたカスタマイズをするには、
WordPressも無料テーマでは
ある程度のスキルが必要になります。

もちろんカスタマイズに興味があるなら、
プラグイン使ったり、自身でHTML言語使って学べば、
ほとんど自由自在にWordPressカスタマイズを
無料テーマでも行えます。

それをマスターするためにはスキルを磨くための
時間も必要です。

また今後はスマホやタブレットが急速に普及し
パソコンや従来の携帯と共に活用されていく時代です。

特にフルレスポンシブ対応のテーマを使わないと
それぞれのためにカスタマイズしたり、
プラグインを入れる不便な状況になります。

フルレスポンシブ対応のWordPressテーマなら
その画面に合わせて最適な表示をしてくれるため
スマホ用、パソコン用、携帯用など
それぞれ別々に作る必要もありません。

また、スマホ用プラグイン、携帯用プラグインを
インストールする必要もありません。

レスポンシブ対応のWordPressテーマも無料で
インストールできます。

ところが、無料版は英語版がほとんどです。

英語が分からないと使いにくいだけでなく
それなりにカスタマイズできないと
使い勝手もよくありません。

それなら時間、効率アップのために
自分に合うWordPressのテーマを有料で
購入したほうが早いですし、便利です。

海外のテーマにも優れたものが多数ありますが
英語版ですので英語が分かる方以外はやはり使いにくいです。

日本のテーマはどうか?

まだ数は少ないですが、
いくつかレスポンシブ対応の優れたテーマが
リリースされていますので紹介しておきます。

日本のデザイン力、技術力で作られていますので
日本人には魅力的なデザイン、
日本人に使いやすいユーザビリティがあります。


賢威のSEO対策は最強ですが


ビジネス用のサイトにベストマッチなのが賢威というテーマです。


keni6.1

SEO対策も出来ている優れたレスポンシブ対応のテーマです。
ビジネス用のテーマになっていますので、
個人起業家、アフィリエイターに人気のテーマで
使っている方も最も多いです。


ビジネス用のテーマであるためデザイン面は、
ビジネスサイトに傾いた作りになっていますので
音楽や芸術面のサイトには向きません。

また賢威は、シンプルな作りでSEO対策も施されているため
カスタマイズ力が必要になります。
初めて使うWordPressとなるとWordPressの知識がないと
なかなか使いこなせない欠点があります。

賢威にはサポートやQ&Aもしてくれるサービスがありますが、
何を質問したらいいのか?

初めての方はそれすらもわからないので
あまりおススメしません。

時間かかってもひとつひとつこなしていく覚悟があるなら
賢威を使うのもよいでしょう。


リファインの弱点


賢威が重厚さなら、柔軟でシンプルなビジネス用の
テーマにリファインがあります。

こちらは、「LUREA」というサイトアフィリエイトの教材の
特典として付属しているテーマなので「LUREA」を購入しないと
残念ながら入手できません。

こちらも人気のテーマで多数の人が使っていますので
独自の色を出すには、カスタマイズをする必要があります。



一際の美にこだわるTCDテンプレート


私がプロデュースしているアーティストやショップ経営者、独立起業家などに
推奨しているテーマはTCDのWordPressテーマです。

デザイナー、サロン経営者から
音楽、絵画、写真などアーティストサイトまで
充分対応できる優れたテーマが揃っています。

「AN」
TCD-AN

私のサイトもこの「AN」です。

サロンやアクセサリーなど独自のショップや
通販、アフィリエイトサイトに適した女性アーティスト向のサイトです。

 

「Precious」
TCDprecious-640

商品アフィリエイトやユニークな独自作品を販売したいならファッショナブルな「Precious」のようなテーマがユーザーからも喜ばれます。
シンプルで非常にスタイリッシュな間が魅力的なテーマです。
トップページに大きく表されている写真からリンク設定できないので、サロンや店舗運営向きです。

 

 

「Gorgeous」
TCD-001-5

整ったサイトを作りたいならこの「Gorgeous」です。

圧倒的なスライダーの威力で、トピックなど目立たせられます。
多数の記事投稿するニュースブログサイトや
独自のテーマの販売、アフィリエイトサイトに向いています。
「AN」に比べて圧巻なデザインなのでファッション系ブログ向きです。

 

 

「Opinion」
TCDOPINION640

「Gorgious」がモノトーンでファッショナブルなデザインに対して
「Opinion」はカラフルなニュースサイトを簡単に構築できます。
WEBマガジン使用のサイト作りならカテゴリー分けも打ち出せます。
変則の3カラム構造のためごちゃごちゃ感が出てしまうデメリットも有ります。

 

 

「Logue」
TCDlogue-640

オシャレで洗練されたデザインの個人ブログになるのが「Logue」
丸型アイキャッチによって視覚的なカスタマイズせず、目を引くブログになります。
また3カラム、2カラムのヴァリエーションが豊富なテーマにもなっています。
スライダーがないのでデザイン、ファッション、フォト重視系には向いていません。
トップページにバナー設置などバリエーションがないのでブログ投稿向きのテーマです。

 

 

「Gallery」
TCD12

写真を美麗に並べて表示したいならこの「Gallery」です。

カメラマンや絵師など作品を視覚的に表示したい場合には
このギャラリー表示機能によって、一気にプロを超えた
サイトに生まれ変わります。

 

 

「LUXE」
TCDLUXE640

壮大なトップスライダーで訪問者を引き込むポータルサイト型のテーマです。
固定ページと投稿ページだけでなく、ニュース記事も別に分けられているため3つの記事を個別に作れます。
またサイドバーは右カラム固定です。
トップページのスライダー写真からリンク設定できないのでブログというよりもサロンや店舗向けのテーマです。

 

 

「Nextage」
nextage640

トップスライダーが圧巻な企業サイト向けのテーマです。「LUXE」同様の作りで右カラムのサイドバー固定です。

 

 

「Canvas」
TCD17-640

独自テーマや自社商品をヘッダーに表示できる
中小企業向けのテーマです。ブログには向いていません。

 

 

「Chill」
TCD16-640

美麗でインパクトあるヘッダー表示ならこの「Chill」です。ヘッダー
サロン、アーティストのテーマブログに最適です。

 

 

「CUBEY」

TCDCUBEY640

ブロガーのための簡素なデザインに拘ったテーマです。
さらに記事トピックの間に自然と広告を入れられるために収益化しやすい構造になっています。
ブログの色は変えられますが、左カラムにサイドバーが固定です。

 

 


「Grider」
TCD15-640

記事を均一に表示するのではなく、
大小織り交ぜながら美しく表示する
グリッドレイアウト式テーマです。
ごちゃまぜアドセンスブログでさえも魅力的なサイトに生まれ変わります。
レスポンシブ非対応が難点です。

 

 

「BlogPress」
TCD10-640

シンプルなデザインで個人ブログや
サイト運営するのに適したテーマです。
賢威で手こずるなら、このテーマで作った方が
効果も早いです。

 

 



TCDのテーマで共通しているのは、
写真も大きく表示出来、トピック機能もあり
通常のブログより美麗なデザインにもなっています。

 

自分に合うテーマがあれば、TCDのWordPressテーマ使うと
写真やコンテンツ重視のテーマですので、
同じテーマを使っても独自サイトに生まれ変わります。

賢威やリファインにない魅力の一つです。

 

さらに使いやすい管理画面になっていますので、
テーマをインストールすれば、あとは写真と記事を投稿するだけで
他を凌駕するサイトを作れます。

 

ユーザーが記事を探しやすいように
トピックも選定できます。

ひとつの記事だけではなく、
記事をいくつか読んでもらえるような誘導も可能です。

アクセスしてくれたユーザーに記事をたくさん読んでもらえるなら
サイト滞在時間が長くなります。
アクセスしてくれたユーザーのサイト滞在時間が長くなりますと
人気サイトと認識されGoogleの検索エンジンの評価も高くなります。

 

賢威に比べて構造的なSEO対策はどうなのか?

 

シンプルでベストな構造の賢威に比べたら
TCDのテーマは既にカスタマイズされていますので
どちらもそのまま使った場合には、賢威に軍配が上がります。

先ほども申しあげたように、賢威は、
自分の力でカスタマイズする技量をもつ必要があります。

 

カスタマイズした場合、やり方間違えると
SEO的にも影響が出てしまいます。
カスタマイズすれば当然、何もないシンプルな構造に比べたら
やはりSEO的には影響が出ます。

そうなるとカスタマイズ次第ですが、
TCDの方がSEO的にも上回ってしまう可能性すらあります。

 

むしろ初めてWordPress使う場合は、
TCDのテーマを使った方が安全です。

SEO対策は、WordPressテーマの構造的な部分よりも
これからは、むしろコンテンツやユーザビリティ重視です。

構造的なSEO対策より、どのテーマ(テンプレート)の方が
自分のサイトらしく作れるのか?
読者視点で回遊してもらえるのか?
この視点で判断したほうがいいでしょう。

 

賢威使ってデザインから何から変更するよりも
はじめから自分に合いそうなテーマがTCDにあるなら
特にいじくることなく、作業を進められますので
時間も短縮になります。

その分コンテンツを重視していくほうが
より速く、アクセス集められるサイトが作れます。

 

広告バナーも初期設定で配置までサイトに上手く馴染むように
設定されているため、どこに広告配置して良いか悩むことなく
設定できるのも他のテーマとは違う親切設計です。

 

TCDのテーマは価格が1万円以下で、賢威に比べても
1万円以上安いです。
その価格でプロ以上のサイトが作れてしまう優れたテーマです。

価格面、デザイン面、利便性、収益性どれをとってもTCDのテーマに
勝るものはありません。

 

大企業も次から次へと導入しているWordPressテーマ
最先端の個人起業家もトップアフィリエイターも
ほとんどがWordPressを使っています。

無料ブログを使うことを推奨しているコンサルタント
教材販売者でさえ、無料ブログではなく、WordPressです。

WordPress使ったほうがアクセスが伸びるからです。

 

 

無料ブログを推奨しているのか?

 

無料ブログの方が、手こずることもなくすぐに記事書けるだけでなく、
最初は、無料ブログの方が、検索でも上位に表示されるからです。

最初のうちに無料ブログはアクセス数上がりますから、
最初の利益は、無料ブログの方が早いです。

 

きちんとコツコツ記事を更新したり、
コーポレイトサイトを作るなら、
レスポンシブ対応のWordPressを推奨します。

特にアドセンスを導入する場合、
無料ブログのスマホ画面で運営側が設定した広告が表示され、
有料プラン以外アドセンス広告表示ができません。

物販アフィリエイトやるにしても運営側の広告が表示されますので
クリック率が低くなります。

場合によっては、同じ記事でもWordpress>無料ブログで
数十倍アクセス数の違いが出てきます。

 

圧倒的差が生まれますから、WordPressでブログ構築したほうが
長い目で見たらいいわけです。

 

まだまだ日本では普及していない今のうちに
他と圧倒的差をつけるためにも
生き残るためにも
継続的な利益を作るためにも
WordPressの導入をおススメします。

 

その中でも、TCDのテーマが利便性、デザイン性、価格、収益面でも
無料のテーマは勿論のこと、他の有料テーマすら圧倒しています。

 

デメリットはそれぞれカスタマイズすら必要ないデザイン設計しているため
違うデザインに代えたい場合はTCDテーマは非常に使いにくくなります。

デザインがピンとこない方にもお勧めできません。

 

デザイン面でも魅力感じるなら、そのまま使えばデモサイト同様、
あなたのサイトも魅力的なサイトになりますので、デザインに悩む時間や
カスタマイズに苦労する必要もないのでTCDのテーマを使ってみることをおススメします。

 

「AN」
TCD-AN

私のサイトもこの「AN」です。

サロンやアクセサリーなど独自のショップや
通販、アフィリエイトサイトに適した女性アーティスト向のサイトです。

 

 

「Gorgeous」
TCD-001-5

整ったサイトを作りたいならこの「Gorgeous」です。

圧倒的なスライダーの威力で、トピックなど目立たせられます。
多数の記事投稿するニュースブログサイトや
独自のテーマの販売、アフィリエイトサイトに向いています。
「AN」に比べて圧巻なデザインなので男性アーティスト向きです。

 

 

「Opinion」
TCDOPINION640

「Gorgious」がモノトーンでファッショナブルなデザインに対して
「Opinion」はカラフルなニュースサイトを簡単に構築できます。

 

 

「Gallery」
TCD12

写真を美麗に並べて表示したいならこの「Gallery」です。

カメラマンや絵師など作品を視覚的に表示したい場合には
このギャラリー表示機能によって、一気にプロを超えた
サイトに生まれ変わります。

 

「Canvas」
TCD17-640

独自テーマや差別化商品をヘッダーに表示できる
中小企業向けのテーマです。

 

 

「Chill」
TCD16-640

美麗でインパクトあるヘッダー表示ならこの「Chill」です。
サロン、アーティストのテーマブログに最適です。

 

 

「Grider」
TCD15-640

記事を均一に表示するのではなく、
大小織り交ぜながら美しく表示する
グリッドレイアウト式テーマです。

 

 

「BlogPress」
TCD10-640

シンプルなデザインで個人ブログや
サイト運営するのに適したテーマです。
賢威で手こずるなら、このテーマで作った方が
効果も早いです。

 

 

「Dynamic」
TCD09-640
/

中小企業から個人まで幅広い要望に応えたテーマです。
シンプルなサイトならこのテーマがベストです。

 

WordPress入門はこちらです
WordPress入門編

 

 

PS WordPressの日本語テーマ、テンプレートで
無料テーマで良い物がないかという問い合わせがありましたので、
私の方で2つ無料で始めたい人のために紹介しておきます。

有料と違って、多くの方が使っているため
個性を出しにくいという難点があります。
また、無料ゆえコピーライト権利が自分にないので
ブログの下の表示にsimlicityなどテーマ名が表示されるため
私は非推奨です。

安全性と使いやすさで、下記2つはまずまずなので、
記載しておきます。

Stinger5

Simplicity

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

未来型トレンドマーケティング戦略プログラム600450

1日10,000アクセス月10万円狙う未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

未来に検索されるキーワードで記事を書き 1日10,000アクセス狙う 未来型トレンドマーケティング戦略プログラム 時間がな…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る