紅白歌合戦 2014-2015の視聴率で狙う未来型トレンドキーワードは?

iphone3111

私が主宰している「未来型トレンドマーケティング戦略プログラム」
おかげさまで多くの方に参加いただき実践していただいています。

成果も報告いただき感謝いたします。

はっきり言えるのは、マーケティングの本質を理解、実践すればサイトへのアクセス集めるのは難しくないことです。


あと1週間でアクセスを一気にあげる方法

トレンドマーケティング戦略プログラムでは、3か月先、1年先にアクセスが爆発するキーワードや長期的にアクセス集めるための記事の書き方中心に伝えています。

マーケティングの本質理解し実践すれば、その段階で95%の稼げない人をごぼう抜きできます。

3か月先のことを意識して書いているライバルなんてほとんどいませんから、もはや独占状態でアクセス集まります。

 

受講生同士で競合しないのか

そんな質問も出そうですが、キーワードなんて無数あります。

それにマーケティングの本質4つを理解していれば、ライバル不在のキーワード、ライバル不在の切り口に自然となります。

未来型キーワードですから、あわてて今から記事を書く必要もありませんし、コンサル生や受講生は既に来たるべき時が来るのをワクワクしながら待っています。

つい先日、「松たか子」さんの妊娠発表ありましたが、既に2か月前に記事を書いていたことで、妊娠発表からしばらくの間アクセス独占できたという報告さえ受けています。そのPV数は5万越え、報酬金額は1日で2万円ほどです。

しかも芸能ブログで毎日記事を追いかけなきゃいけないなんてこともありません。

毎日いかに早くそんな手法だけで中身のない記事を書いていたら、アドセンス停止なんてことにもなりかねませんからね。

そんな手法では疲れるだけなので、未来にアクセス集まるキーワードを選定し、記事書いていたほうが自分の時間に記事をかけますから楽しいですよね。

私自身も、隙間時間にはあの手で、時間ある時はあの手法で楽しみながら記事を書いています。

 

紅白歌合戦を意識したキーワード

もうすぐ今年も終わります。

アドセンス実践、芸能ブログ実践しているにもかかわらず、このままでは年越せないんじゃないか?
そんな不安なあなたのために、年内にアクセスあげる方法をお伝えしておきます。

テレビガイドでも何でもいいので、大晦日のテレビ番組を見てください。

大晦日と言えば紅白歌合戦です。

調べればわかりますが、毎年紅白出場歌手のアクセスは激増します。

もちろん出演者名だけでは、アクセス集められません。

例えば、「薬師丸ひろ子 ライヴ 2015」はどうでしょう。

次のライヴが決まっていないので誰も書いていませんが、薬師丸ひろ子さんのライヴを見たい人は多くいるんじゃないでしょうか?
先日行われたライヴを振り返りながら、次のライヴを予測し、演奏曲なども自分のリクエスト希望などで記事を書けば、アドセンスだけでなく、こんなチケットサイトのアフィリエイトだって可能です。




 

紅白歌合戦は必ず視聴率に対するアクセスもあります。

「紅白歌合戦 視聴率 出場者 2014-2015」

視聴率発表されてからでは遅いので、今のうちに予測した記事を書いておくのはいかがでしょうか?

出場者から誰か一人をピックアップしてさらに深く突っ込んだ考察をしてみるのが面白いですね。

 

新春ドラマスペシャルも狙えます

最後に、大晦日だけでなく、新春スペシャル番組の出演者を調べて、紹介する記事もアクセス上がるポイントです。

有名な人より、脇役出演者くらいが、アクセス独占できる可能性あります。

また歴史ドラマは必ずありますので、その地域についての紹介もまだまだアクセスできる可能性高いです。

そんなポイントを意識して、今まで成果あげられなかった人も、大晦日から新年にかけては大逆転できるチャンスです。

ぜひトライしてみてください。

ただし、お客さんの期待に応える記事は書いてください。

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

koneko01

最速の道 未来型インターネットマーケティング戦略

ネットビジネスの種類はいくつもあります。 副業、小遣い稼ぎでも、独立起業、一人で自立してやっていくにも マーケティングの基本であるお…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る