アドセンスで稼ぐために知っておくべきスマートプライシング改善方法

iphone109

グーグルアドセンス広告を表示しているサイト、ブログ運営者でもスマートプライシングは聞きなれない言葉かと思います。実際気にしている方も少ないと思いますが、スマートプライシングによって収益が激減する場合がありますので今回はスマートプライシングについての対策をお伝えしておきます。

 


スマートプライシングとは?

 

スマートプライシングとは、クリックされた広告の成約率や広告閲覧時間などによってクリック単価を調整できる機能のことを言います。

 

アドセンス広告がクリックされてもすぐに閉じられてしまうケースが多いサイトとクリック後購入されたり、閲覧、滞在時間が長いサイトでは、貢献度が違いますから単価をグーグルアドセンス側が調整できるようにしているということです。

 

アドセンス広告での収益ポイントは通常の認識ですと。アクセス数×クリック率×クリック単価ですが、実際は、アクセス数×クリック率×クリック単価×スマートプライシングになります。
 

 

スマートプライシングによって何が変わるのか?

 

スマートプライシングによってどうなるのかについてですが、表示される広告がクリック単価低いものになったり、クリック後すぐに閉じられた場合はクリック報酬減額などの措置が施されます。クリック単価100円がスマートプライシングによって50円や30円になるということです。アドセンスで稼ぐどころか減額されてしまうわけです。

 

なぜそのような機能があるのかですが、広告主がクリックされた数によって広告費を支払いますが、なんら成果が無かったり、クリックだけされたら広告費用かけた意味がありませんので、その保護を目的にしています。

 

クリックされてもコンバージョン率、成約率が低いサイトは広告主から見れば、投資効果が低いサイトになりますので、スマートプライシングの評価を低くして、アドセンス報酬も低くされてしまうわけです。

 

 

スマートプライシングの改善方法は?

 

スマートプライシングの具体的な調整や指標基準についてグーグル側からは発表されていないので、はっきりと断定できませんが、コンバージョン率、成約率と広告ページの閲覧滞在時間を指標にしていると思われます。

 


 

スマートプライシングで減額されないためには、グーグルアドセンスの表示される広告は任意に選択できませんので、適正な広告が表示されるよう、キーワードと記事内容を一致させて、アクセスした人に対して期待に応えて、アドセンス広告に興味ある人にクリックしてもらうことです。

 

知り合いにクリック誘導をお願いしたり、自己クリックしたりしても、その先の広告主の期待に応えることにはならないため、スマートプライシングにより減額されるだけですので裏ワザに走らないようにしてください。

 

 

お悩み、ご相談、お気軽にお問い合わせください。
otoiawase

5mail

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

koneko01

最速の道 未来型インターネットマーケティング戦略

ネットビジネスの種類はいくつもあります。 副業、小遣い稼ぎでも、独立起業、一人で自立してやっていくにも マーケティングの基本であるお…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る