買いたくなる欲求 脳科学マーケティング100の心理技術

AMI85_honyomumorigirl50001

あなたは右耳に語りかけると
商売が繁昌します。

本当ですか?

そんな疑問が出てきて当然ですが、
人間の脳と神経にメスを入れた
科学的な検証結果で、
それが明らかになっています。





最近出版された本にも、
確かにと納得することが書かれています。


じゃあどうすればいいのか?


そんな実践的なことが具体的に書かれている本は
ありませんでした。



ちょっと古いですが「影響力の武器」という名著があります。

かなり売れた本です。

影響を受ける要因、メカニズム、
心理については鋭く追及しています。


例えばカルト教団の誘惑、訪問セールスの営業など
そういう甘い誘いに乗らないよう予防、防止するには
この「影響力の武器」は学び甲斐があります。


「7つの習慣」という超ベストセラーもありますが、
それをどう活用すべきか、
ビジネスにどう活かしていくべきかは具体的には書かれていません。


ビジネスをしていくうえで
結局は自分で考えなくてはならないわけです。

考えてアイデアだしていくことは当然のことですが
やはり具体的アイデアがあればもっと実践できます。


ビジネスはお客様とのコミュニケーションが基本ですから
どうコミュニケーション取れば、
お客様に喜んで購入していただけるのか?

その実践方法を学びたいのは当然です。

コミュニケーション取らなきゃという思いだけで
必死に連絡取っても反応はなかなかないものです。


だからこそ具体的な事例に基づいて
しかも実証データから出した事例で
即、行動に移せる
そんな事例があったら役に立ちます。



お客様が購入したくなるそんな具体的事例が
冒頭の「右耳に」だけでなく100も紹介されているのが
こちらです。

bcv脳科学マーケティング100の心理技術

目次をみるだけで、ワクワクするような事例が上がっています。

本当にそうなのか?


そんな疑問があって当たり前ですが
脳科学の分野での検証結果ですので
科学的見地に立ってその理由も詳しく記載されています。


具体的事例で紹介されていますので、理解できたら
そのまま即実践できます。



しかもこれからの時代にとって欠かせない
サイトの見せ方、映像の使い方の事例も掲載しています。



ただし、
この本の具体的事例はリアルビジネス、
オフラインビジネスでの事例が多いです。


もちろんその事例からネットビジネスに
活かせますが、
自分にはこの事例使えないな?
そんな風に読んでしまうことも考えられます。



しかしこれからの時代は、オフラインとオンラインの融合が
出来ないと生き残れない時代です。


オフラインのことが、どんどんオンライン上にも出てきます。
時代を先取りできないとネットビジネスだろうとなかろうと
衰退していきます。


本で学んだ具体例を吸収しながら、
ぜひオンラインでのビジネスに落とし込んでみてください。

オフラインのメリットをオンラインに取り入れるだけでも
反応に変化が出てあなたのビジネスは大きく飛躍します。

「脳科学マーケティング100の心理技術」はかなりの部数になっています。
既に実践していらっしゃる方もいますが、おそらくほとんどの方がオンラインはオンライン、
オフラインはオフラインと解釈して、インターネットビジネスをやられている方は、
オフラインのページを飛ばして読んでいます。


オフラインの話を、オンラインに取り入れている方は、まだまだ少ないです。


逆にこの本のオフライン事例をオンラインに取り入れれば、
科学的検証結果の事例ですから、オンラインでも反応が取れるはずです。



一足早く未来型のビジネスを取り入れ、頭一つ抜け出せるチャンスを
「脳科学マーケティング100の心理技術」で掴んでしまいましょう。


しかも返金保証もありますので、安心して購入いただけます。
bcv脳科学マーケティング100の心理技術






お悩み、ご相談、お気軽にお問い合わせください。
otoiawase

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

ピックアップ記事

koneko01

最速の道 未来型インターネットマーケティング戦略

ネットビジネスの種類はいくつもあります。 副業、小遣い稼ぎでも、独立起業、一人で自立してやっていくにも マーケティングの基本であるお…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る