Seesaa無料ブログがトレンドアフィリエイト向きでおすすめな理由

DN_0855

トレンドアフィリエイトやアドセンスどの無料ブログがおすすめなのか?
お問い合わせが多いので、私なりの回答をしておきます。

長い目ではWordPressが検索エンジンでも上位表示されるため
絶対ですが、初心者向きで試験的に無料ブログから始めたい方も
多くいらっしゃると思います。

そんな方におススメなのがSeesaaシーサーブログです。



理由は、以下です

1.一つのアカウントで無料ブログ5つ運営
2.アドセンスもアフィリエイトも使用可能
3.広告なしの非表示可能
4.SEO的に強い
 
シーサーブログからアドセンス取得するには独自ドメインが必要になりました。(2016年4月以降)
お名前ドットコムで独自ドメインを取得
 
シーサーブログを独自ドメインにする方法(お名前ドットコムのページ)
 

Seesaa無料ブログおススメのポイント

1.1アカウントで無料ブログ5つ運営できます。

初心者には、ブログでアフィリエイトやアドセンスどうやれば
成功できるのか?

正直やってみないことには分からないことも不安もあります。

WordPressから思い切ってやるべきという考えは変わりませんが
試験運用やいくつか検証してみたい気持ちはわかります。

 

実際私もいくつか無料ブログを使いました。

結果的にはあまり稼げませんでしたが、その中でもSeesaaブログは
今でも報酬発生しながら、試験運用しています。

 

なんといっても魅力は無料ブログ5つを作れることにあります。

一つ二つ作ってうまくいかなければ、また作ればいいそんな気持ちで
取り組めますし、5つのブログ運営してキャッシュポイント増やすことも可能です。

それでも稼ぎはたいしたことないですが、、、

 

2.アドセンスもアフィリエイトも使用可能

ブログによっては商用禁止ブログもあります。
アメブロは商用禁止の代表例です。

他にもありますが、やはり1アカウントで5つのブログ
全てアフィリエイトリンク付けられますから
他の無料ブログにはない魅力です。

 

3.広告なしの非表示が可能

無料ブログですので、完全回避は不可能ですが
Seesaaブログはブログ本体の設定広告をスマホも非表示にできます。

ブログをカスタマイズ可能にしているためですが、
広告非表示にできるからアドセンスにも使える魅力があります。

 

ただし、現段階でのサービスです。

また、スマホ用の広告非表示もブログ運営側が修正すれば
表示されますので、必ずしも非表示にならないのは、
全無料ブログのデメリットです。

 

4.SEO的にも強い

他のブログの方が、キーワード選定によっては強いです。

アフィリエイターが推奨して人気あるfc2ブログが、
最近はスパム扱いされたブログやアダルト扱っているため
上位表示されにくくなっています。

 

fc2をGoogleが評価してくれずにアクセス数上がらない
事例もたくさん寄せられています。

fc2ブログと比較しても
Seesaaブログの方が現段階ではSEO上は強いです。

以上の理由により、無料ブログならSeesaaブログを
当サイトではおススメします。

 

 

Seesaaブログ登録方法と初期設定

 

Seesaa登録

Seesaaブログ

トップページが表記されたら新規登録をクリックしてください。

無料ブログ01
 

 

次のぺージの必要事項をすべて記入してください。

無料ブログ02
 

 

登録が終わりましたら「利用規約に同意の上、アカウントを登録する」を
クリックしてください。
無料ブログ03
 

 

アカウント登録完了の画面が表示されます。
無料ブログ04
 

 

登録したメールアドレスに認証用のメールが届きます。
下記URLをクリックしてください。
無料ブログ05
 

 

画面が下記のように変われば認証完了です。
無料ブログ05-1
 

 

ブログ設定

Seesaaブログのトップページに戻り、
マイブログをクリックします。
無料ブログ06
 

 

メールアドレスとパスワード入力画面になった場合は、
メールアドレスとパスワードを入力してください。
無料ブログ07
 

 

新しいブログを作る画面になります。
既にテーマが決まっていれば、
それに合わせて必要事項を入力してください。
やり直したい場合は、ブログを削除できますので、
特に試験用で登録の場合はお好きなかたちで入力していただいても
大丈夫です。

無料ブログ08
 

 

URL、タイトル、ブログの説明は検索エンジンにも
表示されますので重要キーワードは入れておいた方が良いです。

ブログのデザインは、アドセンス用であれば
2カラム(左側に別枠)のタイプがおススメです。

FとかZの法則とも言われていますが、
人間は左から右へとみる習性がありますので、
私はアドセンス用は基本2カラムにしています。

入力が終わりましたら、セキュリティコードを入力して
「ブログを作る」をクリックしてください。

 

 

ブログが出来ましたら、下記の部分のブログのタイトルを
クリックしてください。
無料ブログ09
 

 

簡単な設定をします。
余計なものを削除、広告非表示して、シンプルなブログにします。
アドセンス申請の場合は、必ず広告非表示の対応をしないと審査通過しません。

メニュー一覧をクリックします。
無料ブログ10
下記のように表示されたら、「記事設定」をクリックします。
無料ブログ11
 

広告非表示

広告の表示を無効にします。
更新された時に通知するサイトに
下記記事記載のURLを入れてください。

ping送信の記事

ping送信することで、記事が更新された時に
その情報がインターネット上で伝わりますので
検索エンジンに表示される可能性が高くなります。

URLを貼り付けたら保存をクリックしてください。
無料ブログ12
 

 

続いてメニュー一覧をクリックして
広告設定を選びます。
無料ブログ13
 

 

記事下広告の表示を「広告を表示しない」
60日間更新がない場合「広告を表示しない」
検索経由の広告表示「広告を表示しない」
設定しましたら保存をクリックしてください。
無料ブログ14
 

 

共通ヘッダー、なぞる検索の非表示

続いて画面の上に掲載されている外部リンクに飛ぶ共通ヘッダーやなぞる検索を非表示にします。
下記のように通常は表示されます。
無料ブログ15-01
 

 

メニューから「ブログ設定」を選択してください。
無料ブログ15
 

 

共通ヘッダーを「表示しない」
なぞる検索を「表示しない」に設定して
「保存」をクリックします。
無料ブログ16
 

 

下記のように表示が消えていれば大丈夫です。
無料ブログ17
 

 

ブログ表示設定

続いてブログのコンテンツからいらないものを外します。
メニュー一覧から「コンテンツPC」を選択してください。
無料ブログ18
 

 

 

左側にいろいろ表示されてしまいますので、
左側の全てのアイコンにある「×」印をクリックして削除してください。
削除が終わったら「保存」をクリックします。
無料ブログ20
 

 

下記のように「自由形式」を選んで、先ほど削除した部分に
いれてください。挿入できましたら保存をクリックします。
無料ブログ21
 

 

自由形式は、プロフィール入れたり
アフィリエイト商品表示、アドセンスタグなど
用途に応じて使えます。
必要に応じて追加していってください。

 

記事投稿

新規投稿をクリックすると記事を記載するページが表示されます。
無料ブログ22

以上で基本設定は終了です。

 

 

 

無料ブログは、独自ドメインのWordPressサイトと違う
ブログ運営会社側の規約がありますので、規約を順守して活用してください。

 

Seesaaブログの特徴

1.一つのアカウントで無料ブログ5つ運営
2.アドセンスもアフィリエイトも使用可能
3.広告なしの非表示可能

Seesaaブログが無料ブログでは一番のおススメです。

 

 

無料ブログは、検索エンジンにインデックスされるのが早いため、
アドセンスやアフィリエイトでの報酬は早いですが、
WordPressサイトと比較すると長期の上位表示は難しいです。

 

アフィリエイト、アドセンスで収益上げるなら
無料ブログと同時にWordPressの導入をおススメします。

 

WordPressテンプレートの記事

 

シーサーブログからアドセンス取得するには独自ドメインが必要です。(2016年4月以降)
お名前ドットコムで独自ドメインを取得
 
シーサーブログを独自ドメインにする方法(お名前ドットコムのページ)

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

フラクタル02

資産化してネットビジネス、アフィリエイトで稼いでいくためのツール活用とは?

最近は、コンサル生だけでなく、受講生からも資産化ブログについて質問が増えてきました。 個人的には非常にうれしい兆候ですので、今回改めて…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る