Youtube+アドセンスブログなら報酬発生しやすい理由

001

先日から紹介している「YouTubeを使って稼ぐ方法」

相変わらず評判よく、既に成功事例も報告いただいています。

Youtubeアドセンスは初心者でも稼げるものなので
大流行手前の今こそ、ものにしておいて欲しいです。



今回は、少し視点を変えて、私がメインに教えている
アドセンスブログとの併用についてお伝えしておきます。

私が提唱しているアドセンスブログは、とにかくアメブロの日記のような
ブログからスタートでもよいと思っています。

もちろんそのままではお金になりませんから、
ちょっとした戦略、マーケティング戦略の4つの柱を軸にした
テーマを作ってもらいます。

その軸を中心にWordPressブログで運営を推奨しています。

これだけでお金になります。

 

アメブロでは、お金になりませんし、アメブロのアクセス上がれば
上がるほど、アメブロ側に利益貢献してしまいます。

本当にそれは、もったいないです。

日記書いているなら、自分のブログにアドセンス貼れば報酬になります。

100PVで30円前後になります。

ただ日記書いただけでは、アクセス上がりませんから
キーワード選定しながら、記事の内容をちょっと変えていくことは
必要ですが、このちょっとでも時には1万以上のPVを呼び込めたりします。

 

一方Youtubeも100回再生されれば10円になります。

Youtubeは日本だけでなく、海外を視野に入れて再生数爆発狙えますから
アドセンスブログよりも時には、アクセス爆発を呼び込めます。

自分の撮影した日常の映像ですら、海外の人が面白いと感じてくれたら
100万回再生される、そんなことが日常茶飯事で起こっています。

 

私の猫動画ですら、月に数万の利益ですからね。

 

その猫動画ですが、実はもう一つ仕掛けをしています。

Youtube動画に、ブログへのリンクを組み込んでいます。

さらに説明にもブログへのリンクを組み込んでいます。

このブログではなく、猫日記のアドセンスブログへのリンクです。

 

つまり、Youtube動画から入ってくれた人に
猫ブログへも訪問してもらいたいと考えリンクを貼りました。

猫ブログのほうにも、もちろん動画を貼っています。

Youtubeからブログへ
ブログからYoutubeへ

どちらから来ても、どちらにも行けるような仕掛けです。

ブログからYoutubeへのリンクするとブログの滞在時間も伸ばせます。
Youtubeからブログへリンクするとブログのアクセス数が増えます。

これにより、ブログの評価が高くなることで、
ブログに仕掛けたキーワードの順位も上がってきます。

 

Youtubeもグーグルですから、Youtubeとブログ一緒にやる方が
グーグルの検索エンジンも評価してくれるわけです。

グーグル検索エンジンは、滞在時間が長いサイトは、役に立っているから
長い時間見ていると評価しますので、滞在時間伸ばす工夫は必要です。

結果、ほとんどキャッシュポイントなかった
猫日記ブログでさえもYoutubeリンクしたことで月数万に変わってきています。

 

Youtube+アドセンスブログこの二つを上手く活用するだけで
今はブログ全く稼げていなくても、月10万円以上になる可能性もあります。

今後さらにYoutubeで楽しむ人も増えていきます。
Youtubeアドセンスやる人も間違いなく増えていきます。

ブログ運営しているなら、Youtube活用するだけで
収益上がりますので、Youtube使わない手はないですね。

 

PS
Youtubeで収益化なら、「YouTubeを使って稼ぐ方法」が
最も最速最善で収益化できるマニュアルです。

その理由はこちらに書いています。
YouTubeを使って稼ぐ方法のレビューを参考にしてみてください。

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

フラクタル02

資産化してネットビジネス、アフィリエイトで稼いでいくためのツール活用とは?

最近は、コンサル生だけでなく、受講生からも資産化ブログについて質問が増えてきました。 個人的には非常にうれしい兆候ですので、今回改めて…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る