オウンドメディア、コンテンツマーケティングという言葉に踊らされるな

DSC_0402

コンサル生からオウンドメディアという言葉の意味を
尋ねられましたので、今日はオウンドメディアについて
お伝えしておきます。


コンテンツ作っていればグーグルのアルゴリズム変更も気にする必要ありません

グーグルの検索エンジンアルゴリズムの変更で
外部SEOに頼っていたサイトは次々と消えていっていますね。

中身に価値がないサイトに限って、検索上位になることを
狙って被リンクと言うSEO業者のサイトとリンクして
さもサイトが人気あるかのように見せかけていたサイトが
今まで非常に多かったです。

 

今でもまだまだ検索するとたくさん見かけますね。
そういうサイトは今後もどんどんグーグルに弾かれていきます。

だからサイトをきちんと作っていれば、
チャンスは凄くあるのにも気が付きます。

グーグル検索エンジンもっと頑張ってという気持ちでしたから
コンテンツ重視は歓迎すべきことです。

 

今までは外部被リンクと言っていたSEO対策のサイトやメルマガが
最近は、右にならえで、コンテンツマーケティングとか
オウンドメディアとか、これはこれでさも新しいテクニックかのように
アピールし始めているのも、正直いまさらな気もします。

横文字風な響きですと、新しい手法、新しい時代を感じますが、
オウンドメディアもコンテンツマーケティングも
新しくも何でもありませんから、あまり言葉に踊らされたり
流されたりしないでくださいね。

 

オウンドメディアは自分のブログです

オウンドメディアというのは、直訳すると自分の媒体ということです。

私たちの場合は、自分の独自ドメインサイトのブログと思ってください。

いまさらですよね。

 

オウンドメディア、つまり、自分のサイトで
リピーターになってくれるお客さん、
商品価値を求めているお客さんと出会ってファンになってもらうという
ことです。

私たちは既にそういう行動して、お客さん集めていますので、
新しい手法でもなんでもないんです。

 

どちらかと言うと、企業が広告を使ってTVやメディアに依頼していた流れから、
ちゃんとお客さんをサイトに集めてファンになってもらおうという流れにならないと
生き残れないよという発想でオウンドメディアという言葉は広がっています。

WEBマーケッターが騒ぎ始めて営業かけている言葉がオウンドメディアと
思っていただければ大丈夫です。

直接お客さんが自社サイトに来てくれる、そういう流れを作る戦略です。

 

どうやって集めるのかは、私たちと同じでグーグル検索エンジンからです。

私も企業に勤めていましたが、企業は自社サイトを使ってお客さん集めるというよりは
企業広告を他媒体に出してサイトに集めています。

実際に音楽業界の話で言えば、レーベルや事務所が
そのレーベル、事務所にお客さん集めていくそんなサイト作りは皆無ですね。

Youtubeに広告展開したり、ニュースサイトに配信依頼していますから
全くオウンドメディアになっていないのは確かです。

音楽業界はもっと古い体質のままなので、まだまだ紙媒体中心です。
物凄いチャンスが音楽にはありますね。

アーティストサイトこそ、お客さんが検索するキーワード掴んで
コンテンツ作ったら、事務所もレーベルもいらないわけですから
本当にビジネスチャンスです。

 

コンテンツマーケティングは古来からあるマーケティングそのものです

コンテンツマーケティングは、オウンドメディアである自社サイトから
お客さんにとって価値のあることをコンテンツとして提供するマーケティング戦略です。

それによって検索エンジン上位になったり、SNSで拡散したりという
マーケティング全体のことですね。

インターネットの時代になってインターネットで行うマーケティング戦略なので
新しいですが、その本質は古来からあるお客さんに価値提供できるコンテンツ作りです。

コンテンツマーケティングの中心が
オウンドメディアと思っていただければ大丈夫です。

 

コンテンツマーケティングも今更感で、
私たちのマーケティングは、今までもコンテンツ重視の戦略なので
何か新しいマーケティングでも何もありません。

 

きちんとサイトテーマ決めて
どういう悩み持っているお客さんに来てもらえれば価値提供できるのか
そのためにはどういう切り口でキーワードを使うとお客さんに見つけてもらえるのか
キーワードを使ってどういう展開で記事を書けば、来てくれたお客さんに喜んでもらえるのか

そういうサイトを作り続ければ自然とコンテンツマーケティングは機能しますから
何も変わることはありません。

もし本当に役に立つサイトがあれば、それは友人に紹介したくなりますよね。
同じような悩みを持っている人がいたら真っ先に伝えますよね。

そういった価値あるコンテンツを作って、お客さんの期待に応えれば、
お客さんから紹介してくれる、それがコンテンツマーケティングです。

 

私たちがやるべきことはただ一つ、訪問してくれたユーザーの期待に応える
記事作成、これのみになります。

これからはオウンドメディアだ!
コンテンツSEOやりましょう!

そんな声があちらこちらからまるで新しい手法のように
届いてくることになりますが、

気にすることなく、コンテンツ作りをコツコツ
マーケティング戦略に基づいて作り続けてください。

続けていけば自然とオウンドメディアになりますし、
お客さんが集まってきます。

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

未来型トレンドマーケティング戦略プログラム600450

1日10,000アクセス月10万円狙う未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

未来に検索されるキーワードで記事を書き 1日10,000アクセス狙う 未来型トレンドマーケティング戦略プログラム 時間がな…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る