SEOもコピーライティングも基本はWEBマーケティングの本質から

iphone3101

昨日はSEO対策に精通している方、
コピーライティングに精通している方と
音楽戦略談義をしていました。

その中で重要な話があったのでお伝えしておきます。



結論から言うと手段より本質ということです。

何のこととなってしまうかもしれませんが、
SEO対策の原理も、コピーライティングの原則も
マーケティングの本質が土台になっているということです。

 

その土台は何かですが、
自分のサイトもメルマガも音楽も映画もCMも
お客さんの期待に応える価値を提供することです。

 

特にSEOやアドセンス、アフィリエイトをサイトで
やっている場合に多いケースですが、
手段、テクニックが先になっています。

必死に検索上位を狙ってキーワードばかり追い求める
必死にお客さんに買ってもらえるよう
コピーライティングテクニックばかり駆使しているだけでは
アクセス数も上がらないし、ビジネスになりません。

 

記事の中身がスカスカですと、お客さんが検索したキーワードに対して
きちんと興味あることやお客さんがワクワクするような
お客さんの未来を提示してないどころか何も行動してくれません。

 

この記事を読んでいるあなたなら既にお分かりかと思いますが、
まずはしっかり自分の価値であるテーマを決め、
それをきちんとお客さんに価値を提供するのがマーケティング本質です。

 

古来の商人からこの本質は変わらないです。未来も変わらないです。

 

そのためにサイトなら検索エンジンからの集客のために
キーワードをリサーチするわけです。

 

キーワードだけじゃなく、自分が提供するテーマが価値あるのかを
コアサイトやYAHOO知恵袋のQ&A、コミュニティなども訪ねて
リサーチしたりすることも必要です。

 

また商品レビューも多くの方が誤っていますが、使いこなしていないのに
推薦したりしています。

 

最低限、レビューする商品なら使い込んで記事を書かないと
リアルなことがお客さんには伝わらないです。

あなたが実際に活用した経験こそあなたのオリジナルです。
それこそ生きた記事になります。

 

だからこそ徹底的に紹介するテーマについては追求していくべきです。

 

トレンドブログでも誰とも違う記事になればペナルティなんて受けないです。

 

テーマが決まらないなら、「3つのテーマから選ぶ」を読んでください。

テーマ選んだら徹底的にお客さんが何を求めているのか、何を知りたいのか
とことん追求してください。

 

追求した結果、あなた自身も深化、進化します。

 

その時こそいわゆるライティングテクニックやSEO対策という武器を使えば
圧倒的なコンテンツサイトになりお客さんが何度も訪ねてくれます。

 

最上級のテクニックなんて野球で言えば、
プロ野球選手にしか使えないようなテクニックです。

 

プロ野球選手目指すなら、
プロ野球選手になれるような練習しないと
土台作り出来ないです。

 

インターネットでビジネスやるにしても
土台は絶対にしっかり決めないと成功しません。

 

これはどんなビジネスでもそうですよね。

 

ただ、インターネットビジネスは、プロ野球選手に比べれば
全然壁は高くないです。

 

弁護士や資格試験よりも
大学受験に比べても低いです。

しかも数か月で10万円の副収入を得る可能性が
最も高いビジネスです。

これは間違いない事実です。

 

しっかりしたコンテンツ作ればGoogleが喜んで
プロモーションしてくれます。

ツイッターで価値提供できれば拡散してくれます。
Facebookならいいね押してくれます。

 

価値あるものをきちんと提供すれば
対価が返ってくるのがビジネスです。

 

マーケティングの本質を学んでから
コンテンツを作ってください。

 

 

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

未来型トレンドマーケティング戦略プログラム600450

1日10,000アクセス月10万円狙う未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

未来に検索されるキーワードで記事を書き 1日10,000アクセス狙う 未来型トレンドマーケティング戦略プログラム 時間がな…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る