WordPressお問い合わせフォームプラグイン「Contact Form 7」設置方法 WordPress使い方入門編15

wordpress0-2

WordPressを使ってメインサイト構築する場合
お問い合わせフォームもWordPressプラグイン
「Contact Form 7」使用をおススメします。

サイト上に表示出来てそのままお問い合わせでき、
お問い合わせしたいユーザーさんにも親切ですので
WordPressのプラグイン「Contact Form 7」
設置方法について説明します。



ダッシュボード左側のプラグイン「新規追加」をクリックし
キーワード入力欄に「Contact Form 7」と入力し、検索します。
contact001



「Contact Form 7」が表示されましたら、
「いますぐインストール」をクリックします。
contact002


「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」と
表示されたら「OK」をクリックします。
contact003


続いて「プラグインを有効化」をクリックします。
contact004


インストール、有効化が完了しましたら
ダッシュボード「固定ページ」の「新規追加」を
クリックし、タイトルにお問い合わせと入力し、
右側の公開をクリックします。
contact005


ダッシュボード左側に「お問い合わせ」が表示されています。
「コンタクトフォーム」をクリックします。
contact006


「コンタクトフォーム」が表示されます。
ショートコードという欄に記号が表示されています。
その記号を全てコピーします。
contact007


先ほど作成した「固定ぺージ」の「お問い合わせ」を
再び開きます。
下図のようにテキスト記載欄に、コピーした記号を
そのまま貼り付け、右側の「更新」をクリックします。
contact008


「固定ページを表示」をクリックします。
contact009


下図のように「お問い合わせ」のページが作成されています。
contact010


初期設定はWordPress登録時のアドレスになっています。
変更したい場合は、「お問い合わせ」→「コンタクトフォーム」
とクリックし、「コンタクトフォーム1」の編集をクリックします。
contact011


左側やや下にメールという項目があります。
「宛先」欄に設定したアドレスが記載されていますので、
変更するアドレスに書き換えて、右側の「保存」を
クリックすれば変更できます。
contact013

固定ページを表示すれば、URLが分かります。
contact009


URLをコピーしてお問い合わせを入れたい記事や項目に
そのURLを貼り付ければ、お問い合わせの設置完了です。

私は、グローバルナビゲーションや記事下に
お問い合わせページのリンクを貼っています。

contact014

contact015



Contact Form 7はメール送信から
届くまでの処理スピードが、以前使っていた
ふぉーむまんなどの無料のものより早いです。


ふぉーむまんなどを使うと、どうしても
他社の宣伝などが表示されてしまいます。

発リンク設定にもなってしまいますので
「Contact Form 7」を使った方が
SEO上も内部リンクの充実と言う面でも
有利になります。


お問い合わせフォームは
是非、Contact Form 7を設置して下さいね。

プラグイン WordPress Popular Postsをインストール設定しましょう


 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

フラクタル02

資産化してネットビジネス、アフィリエイトで稼いでいくためのツール活用とは?

最近は、コンサル生だけでなく、受講生からも資産化ブログについて質問が増えてきました。 個人的には非常にうれしい兆候ですので、今回改めて…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る