サイトで通販ショップをやる場合

ネットで自分が作った作品を販売したい方からの問い合わせが
多いので今回はネットショップに関してお話しておきます。


私の本業が音楽関連という理由もありますが、
このサイトもネットショップで自分の作品を売りたい方の訪問が多いです。


基本的にミクスチャービジネスですから、
私たちは店舗とネットを混ぜたり、
自分の作品と他の作品を混ぜたり、
リアルの展示会やコンサートとネット両方使って集客したり
様々な組み合わせでのオリジナル型ビジネスを推奨しています。



基本をおさえてサイトもリアルもビジネスしていくことこそ
これからの時代に必要なスキルです。



ネットで自分の作品を売る場合に関しての
私の方法をお話していきますね。


まずヤフーショッピングや楽天、amazonなどのサイトを利用するケースが
ほとんどかと思いますが、モールだけで販売は難しいと考えてください。

確かにすぐ出品できて楽ですが楽天、ヤフーショッピングだけでは、
自分の作品をプロモーションしてもらって販売に結び付けるのは厳しいです。
ランニングコストも出店すると金額が膨らみます。


私の音楽レーベルの例ですと全国どこのお店でも、楽天、amazonでも購入できますが
こちらから仕掛けないと誰も宣伝してくれませんし、売れません。

ましてや小さなレーベルですから楽天やamazonのサイトに入っても
誰も気づいてはくれません。


結局は自分の作品は自分で宣伝、売るしかありません。



作品を作って売りたいなら、あなた自身がネットのスキルを付けて
集客、販売していく方が圧倒的に早いです。


ネットですとサイトを作り、ショッピングカート作らないと販売できませんから
自分には出来ない難しいと思ってしまうかもしれません。

もちろんサイトをデザインできる方に頼んで作る方法もありますが
金額が何十万と膨らみますから、結局は安易にサイトも含めて
楽天出店などになってしまっているかと思います。



しかし、私の経験では、サイトを作ることはこのネットの時代難しいモノではありません。
数か月間 毎日数時間ネットに向けて努力すれば、あなたならではのサイトを
作ることができます。


私が推奨しているWordPressを使えば、極端な話、月数千円のコストで
オリジナルなサイトを作ることができます。

ちょっとした工夫をすることで自分のサイトにアクセスを集めることも
可能です。



自分の作品をネットで販売したいなら、
まずは独自ドメイン、サーバー設置して
WordPressでブログを作って、ブログで集客していくことです。


ショッピングカートのサイトまで作るのは手間がかかるので
ヤフーショッピングが無料で出店できますので
ブログで集客して、ヤフーショッピングで販売がおススメです。



さらに自分で販売サイトを作りたいなら
独自ドメイン使ってショッピングサイトを作れる
カラーミーショップで
自分の作品を販売する方法をおススメします。

直販になりますから手数料も出店運営費用も圧倒的に格安価格でできます。

カラーミーショップはこちらです。




WordPressにもショッピングカートがあります。
ブログと混在して作ることも可能ですが、
WordPressのショッピングカートを使う場合は、
ブログと分けて使う方が扱いやすいです。

おススメショッピングカートプラグインは
こちらの日本製のWordPress専用のプラグインです。
なんといっても日本製ですので、問い合わせも出来ますし
信頼性も高いです。
日本初WordPress専用ショッピングカートWelcart


基本的には自分ならではのブログサイトを作って、
自分の作品の販売も他の作品と同じように
ブログに集客させて、ブログで紹介して
リンク設定から販売していく流れが
一番良いですね。




下記を順番通りに学べば、あなた独自のネットショップも簡単に作れ、準備金も準備できますよ。

ネットビジネス初心者スタート編





ネットビジネス準備編





WordPress使い方入門編











 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

ピックアップ記事

koneko01

最速の道 未来型インターネットマーケティング戦略

ネットビジネスの種類はいくつもあります。 副業、小遣い稼ぎでも、独立起業、一人で自立してやっていくにも マーケティングの基本であるお…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る