ツイッターでリツイートする ツイッター(Twitter)攻略法6

610D_0585

ネットビジネスでもリアルビジネスでも集客は命です。

集客ないとビジネスにならないのは当たり前ですよね。

その中でも集客にツイッターは適しているというお話をしました。

制限はありますがフォロワーさんが他のSNSと違い無限に増やせること
140文字以内でつぶやくのでブログと違い簡単に書けること

これだけでも活用できることがお分かり頂けると思いますが、
さらに自分のつぶやきを広げることができます。



東日本大震災時にツイッターが活用されたのを
覚えておられる方も多いと思います。

誰がどこで何を求めているのか?
電話も携帯も繋がらない中、ツイッターで
連絡取れたり、救出、援護活動できた
事例がたくさんありましたね。

ツイッターは情報を拡散できるリツイートと言う機能があります。
自分のつぶやきをフォロワーさんがリツイートすることで、
フォロワーさんのフォロワーさんに情報を伝えることができます。

例えば、自分のつぶやきが10万人フォロワーさんがいる有名人が
リツイートしたら、その有名人をフォローしているフォロワーさんも
その情報を見たり、読んだりできるわけです。

そしてそれを読んだまた別の方がリツイートすると
そのリツイートした方のフォロワーさんにも情報が届きます。

たくさんのリツイートをされたつぶやきは場合によっては
何十万人の方に届く情報となります。

だからといってフォロワーさんがリツイートを簡単にしてくれるわけではありません。

ではどうすればリツイートしてもらえるのか?

私の経験で最も成果が出たのは、基本的なことですが
フォロワーさんにとって面白い、役に立つつぶやきです。

リツイートされた人気のつぶやきを見ることができる
サイトがありますので、どんなつぶやきがリツイートされるのか
学んでみることをおススメします。

ついっぷる

だからと言って全く同じつぶやきをしたから同じような効果が
見込めるわけではありません。

情報が早かったり、属性とマッチしていたりそういった要因があります。

さらにフォロワーさんとの繋がりによっても違ってきます。

自分のことをもっと知ってもらいたかったので
フォロワーさんのつぶやきで自分にとって役に立ったり、
面白かったりしたつぶやきをリツイートしました。

自分のつぶやきがリツイートされたら嬉しいわけです。
ならば、フォロワーさんもリツイートされたら嬉しいに
違いありません。

そうすることでをフォロワーさんにも自分のつぶやきを
読んでもらえたり、相手から返事が来て
コミュニケーションを取っていきながら
親しくなることもできるわけです。

結果、自分のつぶやきがリツイートされていくわけです。

ネットは相手が見えませんが、リアルと同じで当たり前ですが
相手も人間です。

ネット上につぶやくわけですから、自分のためではなく、
フォロワーさんのためにですよね。

自分のためだったら自分用のノートやメモに
書いておけばいいわけです。

ビジネス用にと構えるとほとんどの方がフォローだけして、
相手のつぶやきを見ていませんが、ビジネスだからこそ
相手のつぶやきを読んであげるべきなのではないでしょうか?

リツイートしてあげたりすることで、
お互いがお互いに興味を持ち
信頼関係が生まれていきます。

そしてリツイートされ、拡散すればもっともっとたくさんの方々に
フォローされ、集客につながっていきます。

コミュニケーションをとることを忘れずに
つぶやき、リツイートしていき、
ツイッターで集客していってください。

ツイッター攻略法7へ

ツイッター攻略法

ツイッターツールツイッターブレイン活用の記事へ

 

当サイトでは
最初のクリックのみ1万円引きの19,800円にて購入可能です。
ツイッターブレイン

 

 

お悩み、ご相談、お気軽にお問い合わせください。
otoiawase

5mail

 

内気で自信なく不安なあなたのための

「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)限定特典付はこちら




資産ブログ作って最速最善に収益化する道




  内気で自信なく不安なあなたのための「引きこもって起業、副業できる」電子書籍ダウンロード(無料)は↓↓
chisatomail

関連記事

関連記事

ピックアップ記事

koneko01

最速の道 未来型インターネットマーケティング戦略

ネットビジネスの種類はいくつもあります。 副業、小遣い稼ぎでも、独立起業、一人で自立してやっていくにも マーケティングの基本であるお…

美の極み WordPressテーマ「AN」

WordPressテーマ「AN (tcd014)」

WEBマーケティングシステム




おすすめ記事

ページ上部へ戻る